世界のチーズを紹介するチーズ図書館 - スマホサイト公式

チーズ図書館 PC版へ

オーク・ウェンズリーデイル

季節 秋のチーズ
名称オーク・ウェンズリーデイル
特徴種類はいろいろ。甘酸っぱいリンゴと一緒にパイに
タイプセミハード
原料乳
原産国イギリス ヨークシャー
原産国国旗
解説 生まれたのはイギリス中北部、ヨークシャー州のウェンズリーデイルです。
11世紀、シトー派の僧侶達が伝えた、羊乳製のブルーチーズがもともとの始まり。16世紀にヘンリー8世によって修道院が破壊されると、そこから逃れた僧侶達が農家にその製法を伝えました。その頃には羊乳製から牛乳製に変わり、20世紀には青カビの入らない真っ白なものが主流となりました。

熟成期間は1ヶ月と短く、しっとりとしてボロボロした食感です。
日本で特に人気のあるスモークタイプは、樫の木を使って燻製にしたもの。スコッチやビールとの相性が抜群です。
そのほかにもプレーンタイプのホワイト、ピリッとした刺激とコクが楽しめる青カビ、ジンジャー&クランベリー入りなど、種類はバラエティに富んでいます。

豚肉と甘酸っぱいリンゴ、オーク・ウェンズリーデイルをパイ生地で包んだものも美味。
食べごろ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
風味  ( 風味は普通 )
形状円筒形
直径17cm
高さ7.5cm
重さ2kg
表皮スモークされているものは薄い茶色。
中身薄いクリーム色。ボロボロしている。

チーズ図書館メニュー