世界のチーズを紹介するチーズ図書館 - スマホサイト公式

チーズ図書館 PC版へ

ヴァランセ

季節 秋のチーズ
名称ヴァランセ
特徴黒と白のコントラストが美しい、ユニークな形のシェーヴル
タイプナチュラル他
原料乳山羊
原産国フランス サントル
原産国国旗
解説 生産地はロワール河流域のベリー地方です。
ヴァランセ城というこの辺りで最も有名で美しい城にちなみ、この名がつけられました。
ヴァランセ城はナポレオン一世に仕えた大臣ターレランの城。エジプト遠征に失敗したナポレオンがターレランの城に立ち寄った際、怒ってピラミッド型のチーズの頭を切り落としたことから、このユニークな型になったとか、ならないとか。

周囲には木炭の灰が、水分吸収と熟成の促進、酸味を中和するためにまぶされています。若いものは柔らかく、爽やかな酸味があります。熟成が進むにしたがい、灰の色は黒からグレーになり、青カビをまとうようになります。湿り気のある白い中身は堅く締まり、酸味は抜けて、濃いミルクの旨みとナッツのような香ばしさが感じられるようになってきます。
熟成の段階ごとに違った美味しさを楽しめるのが、山羊乳チーズの素晴らしいところでしょう。

ロワール産の辛口のフルーティな白ワインや、すみれの香りの赤ワイン「シノン」などとご一緒にどうぞ。



食べごろ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
風味  ( 風味は普通 )
形状底面一辺6〜7cm
高さ6〜7cm
重さ200〜250g
扁平なピラミッド形
表皮木炭の灰で覆われている。熟成にしたがい黒からグレーになる。
中身真っ白でしっとりしている。

チーズ図書館メニュー